キャバリアのアレルギーについてお悩みの方はこちらをご覧ください。

アレルギーについて

キャバリアはかわいいです

キャバリアが痒がったり抜け毛が出たりした場合、皮膚の病気が考えられます。

例えばアレルギー性の皮膚炎、アトピーなど、1歳程度から発症しやすい皮膚の病気ですが、遺伝性の場合もあれば食事が原因であることもあります。

キャバリアが皮膚のアレルギーにかかるとなかなか治りません。病院で薬物を使用しますがそれでも同じです。ですので根気強く立ち向かうしかありません。

またホメオパシーなどの特殊な治療法も効果があるという飼い主さんがいますが、徐々に改善するという程度で、即効的なものはやはり無理があります。

キャバリアが体をしきりにかいていたり、フケが多くなっている、また抜け毛が多いような場合はまず獣医さんにすぐに診て貰うことです。

また、その他の原因として、「犬かいせん」なども疑われます。キャバリアは何でも食べます。ほとんど好みもありませんし、食いしん坊的なところがありますので、あげたものは全部食べてしまうと危険です。

トウモロコシ粉がたくさん含まれているフードも、他には牛乳や豚肉、小麦や大豆等も危険です。アレルギーではなく、中毒系のものとしては玉葱などの葱類、犬の血液が分解されて血尿や嘔吐を起こすことがあります。

また鳥の骨は噛み方によって尖ってしまい、内臓に刺さることがあります。チョコレートも危険です。板チョコレート1枚でキャバリアには致死量と言われますので、おやつを放置しないように要注意です。

キャバリアがアレルギーにかかると皮膚が赤くなってきてみるからに可哀相に見えます。痒かったり医者に連れて行って薬を投与したような時はいたわってあげることです。なかなか治らないとストレスも溜まります。

またアレルギーは室内の環境にも要注意です。何が悪いのかなかなかわからず、結局はソファーカバーのせいだった、などということもよくあります。

気持ちよさそうにしてアレルギーの原因かどうかわからない状態でいることも多くあります。できるだけ普通の生地を使用して、あまり変わったものは使用しないことをお勧めします。