キャバリアの無駄吠えのしつけ方についてお伝えしています。

TOP > 関連ページ > 無駄吠えのしつけ方

キャバリア専門サイト

無駄吠えのしつけ方

まずは下記の動画をご覧下さい。遠藤先生が吠え叫ぶわんちゃんを、
“たったの2秒”でおりこうさんにしています。

キャバリアは比較的無駄吠えの少ない犬種ですが、成犬になってからではなかなか解消しずらいものですので、キャバリアが子犬の時にしっかりしつけておくことが肝心です。

犬は吠えるのは本能的な部分ですが、吠えるのにも原因があります。例えば威嚇、警戒心、甘え、何かを欲しがるなどが考えられますが、それぞれに原因を知ることも大切です。

甘えている時にちょっと吠えるくらいであれば我慢できますし、他人に対して威嚇するようではかなり問題です。しつけるべき無駄吠えをしたかと思ったらすぐに驚かせたり、ちょっとした細工をしておいてコケさせるのも有効です。

他にはグッズを使うことも効果的です。首輪のようなタイプで電流を流してしまうと、キャバリアがかわいそうにも思えますが、あまりにも言うことを聞かないのであれば使用することも考えてみてください。

また、キャバリアが吠えなくなったら褒めることも大切です。おやつを上げたり、笑いかけて大袈裟なくらいに褒めてあげること、叱ったり無理に矯正するよりも褒めることはとても効果があります。いいことがあるとしっかり覚えられますので、どんどん身についていきます。

吠えにも個体差があります。夜鳴きすることが多いタイプであれば寝床にぬいぐるみを置いたり何か音を立てて寝る、ラジオなども有効です。

それでも駄目であれば水鉄砲をかけて顔を濡らす、フードを挙げる時間をずらしてお腹が空いてもしばらくあげない、また夜吠えるのが困るときは昼間からしっかり遊んであげれば疲れてしまって後は寝るだけです。

キャバリアは基本的に吠えたときに何かしてあげるとそのことが良いことだと勘違いしてしまいますので、最低でも無視することを意識することです。

もしあなたが、キャバリアのしつけに悩んでいるのであれば、当サイトでお薦めしている遠藤和博先生のDVD教材を一度試されることをお薦め致します。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにキャバリアのしつけで悩んでいた延べ10000人の飼い主さん達が、遠藤先生のやり方を実践したところ、短期間でキャバリアのしつけに成功しています。

ですので、遠藤先生のやり方があなたのキャバリアをいい子にするきっかけになると思いますので、今すぐ下記より詳細をチェックしてみてください。