キャバリアの噛み癖のしつけ方のコツについてお話しています。

TOP > 関連ページ > 噛み癖のしつけ方

キャバリア専門サイト

噛み癖のしつけ方

犬を飼い始めるとほとんどの方が対処しなければならないのが噛み癖です。

噛まれると子犬の時はそれほど痛くありませんが、キャバリアが成犬になっても続くと痛みで我慢できないくらいになることがあります。やはりできるだけ早くからしつけることが大切です。

キャバリアは基本大人しい性格ですが、やはり噛むのは本能的なものです。子犬の時に噛まれたら痛くないから放置するのではなく、痛みがあることを教えること、また噛んでいいものもありますので、違いを教えることも大切です。

噛むことはキャバリアにとって愛情表現の1つでもありますから、甘噛みはしょうがないところもあります。愛情を示していることがわかるのであれば、多少の気持ちを組むことも大切です。

しかし、じゃれていたり遊んであげている時に噛まれたら痛い、とか噛まない、と声を出しながら痛むような顔をするのもしつけのコツです。

もちろん飼い主さん以外の人を噛むのはご法度です。まず飼い主さんだけで噛み癖をしつけ、来客があったり散歩途中ですれ違っても噛まないようにしておくことです。

キャバリアは手を噛むことが多いですが、手にいやなもの、臭いの元になるようなものを付けて置くのもよい方法です。他には口の中に指をそのまま突っ込んでしまう方法もあります。

口から何か抜けなくなるのはキャバリアは非常に嫌がります。新聞紙を丸めて床を叩いてびっくりさせたり、後は食事を与える時に手で与えると手はフードをくれる役目だと認識して噛まなくなります。

噛み癖のしつけにも個体差が影響します。方法によって合うものも合わないものもあります。色々な方法を試してみて手ごたえがあればそれが正解です。

キャバリアが子犬の時期はいたずらに噛んでくる時期ですので、犬用のおもちゃやタオルを噛ませておくとだんだんと物に対する執着心が生まれます。コングなどのフードと合体したおもちゃは特に役立ちます。

噛み癖を直すことができると大分安心感が高まると思いますので、じっくりと焦らずに、マイペースでしつけていくことも大切です。

もしあなたが、キャバリアの噛み癖に悩んでいるのであれば、当サイトでお薦めしている遠藤和博先生のDVD教材を一度試されることをお薦め致します。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにキャバリアの噛み癖で悩んでいた延べ10000人の飼い主さん達が、遠藤先生のやり方を実践したところ、短期間でキャバリアの噛み癖を止めさせることに成功しています。

ですので、遠藤先生のやり方があなたのキャバリアをいい子にするきっかけになると思いますので、今すぐ下記より詳細をチェックしてみてください。