キャバリアの留守番方法について詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

留守番方法

キャバリアはとても温厚な性格です

キャバリアに留守番をしつけるためには、徐々に慣れさせるのが基本です。室内犬で飼われている場合どのような犬でも1人になるのは苦手です。

いきなり長い時間家を空けるとイタズラをしてしまったり、何日も空けてしまったような場合は最悪の事態になることも考えられます。

キャバリアは犬の中でも寂しがりやのほうですから、1人にさせる時はそれにあわせた工夫が大切です。いい子にしていてね、などと不安になるような言葉はまず使わないようにして、留守番自体を強調しないことです。

支度をするところは見せてあげること、静かにいなくなるのではなくて平然と出て行くのも大切です。いきなりの留守番でよくあるのがトイレを散らかしたり、床のカーペットを動かすなど散らかし放題になることもあります。

こんな時も帰ってから叱らないこと、叱っても効果はありませんし、留守番についての意識がより過剰になってしまいます。

もちろん留守番中の楽しみは多いほどよいものです。サークルやゲージにもおもちゃを置いてあげたり、おやつが自動で出てくるようなツールを用意する。

また眠くなってしまえば後は何もいりません、散歩をしてからすぐに出かけるとこの効果は出しやすいものです。長時間いっしょにいないということは、飼い主さんと普段からべったりしていると余計につらく感じるものです。

やはり普段からハウスに入っている時間を長くすることも大切ですし、きちんとしつけておくために必要なことをこなしておくことです。

もちろん、1人でいい子にしていたらいつもより多少は多めにスキンシップを取ってあげるのも良い方法です。キャバリアは無駄吠えも少なくて温厚な性格ですから、きっとうまくいくと思います。

子犬で連れて来てからまずしっかりと可愛がってあげること、そして徐々に社交性を身につけること、散歩もすごく大事ですし、その後で留守番をしつけるのが最善のコースです。

トイレ、無駄吠えや噛み癖などしつけには色々ありますが、キャバリアは比較的簡単にどのしつけもクリアできると思います。

もしあなたが、キャバリアのしつけに悩んでいるのであれば、当サイトでお薦めしている遠藤和博先生のDVD教材を一度試されることをお薦め致します。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにキャバリアのしつけで悩んでいた延べ10000人の飼い主さん達が、遠藤先生のやり方を実践したところ、短期間でキャバリアのしつけに成功しています。

ですので、遠藤先生のやり方があなたのキャバリアをいい子にするきっかけになると思いますので、今すぐ下記より詳細をチェックしてみてください。