キャバリアの病気についてお話ししています。

病気について

キャバリアはイギリス産の小型犬です。病気になるような無理な交配はしていませんが、かかりやすい遺伝性疾患として知られているのが心臓病、特に「僧帽弁閉鎖不全症」があります。

心臓病は犬に多い病気の1つではありますが、特にキャバリアは心臓病にかかりやすいと言えます。老犬にはもちろん、若い犬でも原因治療はほぼ無理とも言われています。

キャバリアは心臓が弱い、このことは飼う上でとても大切な知識です。ちょっとでもキャバリアの体調に異常を感じたらすぐに医者に診てもらうこと、また定期的に診断を受けることも大切です。

心臓といえば塩分の摂りすぎ、つまり高血圧症が人間にも多い病気ですが、他には肥満も影響します。日頃からキャバリアの食事に気を配ること、ドッグフードも栄養を考えたものを与え、人間が食べるような味の濃いものも要注意です。

僧帽弁閉鎖不全症の場合は、血液が心臓の中で流れるようにするための僧帽弁が機能不全になり、血液が逆流して起こる病気です。

酷くなると腹部に水がたまったり、運動もできず、舌の色が紫色を帯び、ストレスが溜まってくると急な状態になるのも間近と言われています。

他にキャバリアが気を付けなくてはならないのは「てんかん」です。突発性のものは生後2年程度まで、突然発作を起こし、はじめのうちは短い時間でも回復しますが、酷くなると長くなり、頻度も増して行きます。

他には噛むような動作を続ける部分的なてんかんや運動後に起こる老犬のてんかんなども考えられます。

痙攣を起こして何かにしがみつこうとした状態で、飼い主さんに異常が起こっていることを知らせるような格好になったり、見ているのもつらいものがありますが、その様子によっても対処方法が異なりますので、早めに獣医さんに診て貰うことが大切です。

キャバリアはタレ耳犬種ですので耳の病気も注意したいものです。「外耳炎」も「ダニや耳垢」などが原因となります。耳を清潔に、そして湿らないように維持すること、シャンプー後もタオルなどで拭き取ってあげることです。

このような日常的なケアを飼い主がしっかりとしてあげることが、キャバリアをいつまでも健康に飼っていくうえでとても大事ことだと思います。