キャバリア関連のページです。

キャバリアの関連ページについて


キャバリアを飼おう

キャバリアは、人懐っこいためすぐに懐いてくるでしょう。故に、結構犬好きにとっては良い犬種かも知れません。キャバリア自体は、人懐っこいためすぐに誰でも懐きます。

主人よりも他の人にかなり懐く場合がありますので注意しないといけませんが、それ故に、番犬には全く向きません。そして、キャバリアを飼う上で注意して欲しいのが人とのふれあいが短すぎると良くないと言う点です。

長時間放置は良くありませんので、適度に接しあげましょう。ちなみに、いつも一緒にいる人の話や態度がすぐに理解するため、結構いろいろなことを覚えてくれます。

場合によっては態度などで何をして欲しいかを理解してくれるので、とても躾が楽でしょうね。キャバリアは、わりと活発的に動きます。

ですから、毎日一定の運動はしておいた方が良いでしょう。ただ、わりといろいろ部屋の中を歩いたりしますので、わりと運動不足にはなりませ。

ただ、注意していないと結構肥満になったり、運動不足になったりすることもありますので注意してください。ただ、年を重ねることで動かなくなる場合がありますので注意しましょう。

キャバリアの病気は、結構多いです。特に、僧帽弁閉鎖不全や股関節形成不全は、注意しておいた方が良い病気でしょう。下手に発症するとそれが原因で大変なことになる場合があります。

他にも膝蓋骨脱臼、眼瞼内反症、停留睾丸、皮膚疾患などの病気にも注意しておいてください。外耳炎には注意して生活をするようにしてください。

また、目に関するトラブルは少ないでしょう。高年齢になるといろいろな機能が良くない状態になりますので、毎年注意して育成をしてください。

心臓機能検査や関節検査の検査はしておいた方が良いかもしれません。特に心臓機能検査で、重大な状態になる前に解決させることが出来るかもしれませんので、検査をしましょう。

このようにキャバリアを飼う場合に注意しないといけません。元気なキャバリアを見続けるために、いろいろな面で注意して生活をしていきましょう。

お薦めしつけ教材

TVチャンピォン優勝!
森田誠の犬のしつけ法
日本一のカリスマ訓練士!
藤井聡の犬のしつけ法